スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COFFEE_convert_20120117154552.jpg


当店の珈琲の紹介

生豆 世界各国の産地から輸入された豆は横浜に入港し、
 ディーラーからみどりの研究所にやってきます。

焙煎 当店では手回し式直火焙煎を採用し、深煎りと
 中深煎りの2種に焙煎します。

焙煎2 丁寧に焙煎し欠陥豆を取り除き、酸素に触れさせ
 ます。温度・時間を十分に気を付け、ムラが出来ない
 ように注意。この工程は焙煎職人の技術と経験の賜物。

抽出 徐々にお湯を吸収した豆はどんどん膨らみ、鮮度が
 悪い豆は膨らまず
そのまま下へ落ちてしまいます。
 当店ではこの蒸らしの時間に最大の集中を注ぎます。

抽出2 十分にエキスを含みトロっとした珈琲がようやく
 数滴落ちてきます。世の珈琲職人達はこの一瞬の為に
 産地にこだわり、技術を磨きます。

抽出3 お湯を置くイメージで安定した量と圧で珈琲を
 抽出します。この時にお湯の量や温度にばらつきが
 あると決壊したり、コクが失われてしまいます。

氷〆 アイスド珈琲は抽出直後に氷でしめる事により、
香り高く深みのある冷たい珈琲が出来上がります。




はい。読んでいただくとお分かりいただけますが、手は抜けません。
情熱と誇りをもって珈琲を淹れております。

食後の珈琲は200円で提供させていただいており、手の出しやすい価格と自負しおりますが、
中には「安かろう、悪かろう」と思う方もいらっしゃると思います。

そんなことはありません。

本物の珈琲を多くの方に知ってもらうため。

果汁感あふれるコーヒーを知ってもらうため。

コーヒーだけの注文ももちろん承っております。

当店は健康的かつ美味しい料理も楽しめるカフェなのだ。



デザート1_convert_20120117154521

動物性食品・添加物を使わない料理や、野菜を使ったデザートも豊富にそろえております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりの研究日誌課

Author:みどりの研究日誌課
代表 安田が近隣農家さんへ直接足を運び野菜を選ぶ。

マクロビオティックフードコーディネーターの有資者でもある、緑川が和食で培った経験と、一物全体の理念、独創的なアイディアを生かし、ここ北見で本当の「食」を御提供します。

今や飲食店の質は「美味しい」「安全」は当然。

もう一つの何かを確かめに来てください。

自然野菜の店 みどりの研究所
北見市常盤町4丁目16-3
Phone: 0157-61-0420
Fax: 0157-61-0420
office:北見市とん田西町320-5 辻ビル201号

最新記事
↓研究所のつぶやき↓
    follow me on Twitter
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    野菜人
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。